お知らせ

『プログラミング能力検定(2月検定)』受検受付中!

詳細はこちら

【10】「繰り返し」を繰り返す

「くりかえし」のネスト マイクラ(Blocks)

[くりかえし(○)回]の中にさらに[くりかえし(○)回]を入れることで繰り返し文を繰り返すことができます。この入れ子状態を「ネスト」といいます。

「くりかえし(○)回」2つで正方形の壁を作る

「くりかえし」ネストイメージ画像

では練習として上の画像のような正方形の壁を[くりかえし(○)回]を使って作ってみましょう。大きさはタテ✕ヨコが 4✕4 の正方形です。4✕4 の正方形ですが、分解すれば下の画像のように「長さ3の壁」が4個と考えることができます。

「長さ3の壁」✕4個のイメージ図

まず「長さ3の壁」を作るプログラムを考えます。

今回はエージェントが1ブロック浮いた位置からスタートすることにします。そのうえで、まず[エージェントに下へ置かせる][エージェントを前に1ブロック移動させる]3回繰り返し「長さ3の壁」を作ります。これをブロックにすると以下のようになります。

[エージェントに下へ置かせる][エージェントを前に1ブロック移動させる]を3回繰り返すブロック

これで上の画像のような「長さ3の壁」ができました。この「長さ3の壁」を4回繰り返せばいいのですが、そのまま繰り返すと一直線の長い壁になってしまいますので、「長さ3の壁」ができたらエージェントの向きを右に変えておきます。

エージェントの向きを右に変えるブロック
先ほどの画像と比べてエージェントの向きが変わっていることを確認してください

この[エージェントの向きを右に変える]はブロックを3個置いたあとに1回だけ実行すればいいので[くりかえし(3)回]の外に置いておきます。

そしてこれらの動作をまとめて4回繰り返すために、別の[くりかえし(4)回]を外側に付け足します。

くりかえしのネスト

これで 4✕4 の正方形の壁が完成しました。(ブロックの種類を「レンガブロック」にした例)

//イメージマップ(クリッカブルマップ)用コード