お知らせ

『プログラミング能力検定(2月検定)』受検受付中!

詳細はこちら

【04】練習問題 – 移動と向きを変える

「練習問題」イメージ画像 マイクラ(Blocks)

それでは前回までに学習した内容を思い出しながら以下の練習問題を解いてみましょう。

ですが問題を解く前に、練習プログラムを実行するためのチャットコマンドを作っておきましょう。

チャットコマンド "RUN" を入力した時

今後の練習問題や課題はこのブロックの中に作っていくことにします。そうすることで、チャット欄で「RUN」と入力したときにそのプログラムを実行させることができます。

RUN は「走る」という意味の英語ですが、プログラムを「実行する」という意味もあります。

問題 1

問題1画像

上の画像のような道を作り、エージェントをスタート地点(金のブロック)からゴール地点(ダイヤモンドのブロック)まで道に沿って[エージェントをに○ブロック移動させる]を使って移動させてください。

問題 2

問題2画像

上の画像のような壁で道を作り、エージェントをスタート地点(金のブロック)からゴール地点(ダイヤモンドのブロック)まで道に沿って[エージェントを○○に○ブロック移動させる]を使って移動させてください。

問題 3

問題3画像

上の画像と同じような道を作り、[エージェントを○○に○ブロック移動させる][エージェントの向きを○に変える]を使ってエージェントをスタート地点(金のブロック)からゴール地点(ダイヤモンドのブロック)まで道に沿って移動させてください。

ただし今回は[エージェントを右に○ブロック移動させる]は使用してはいけません。

問題 4 (自由創作)

問題4画像

自由な道を作り、エージェントがその道を移動するプログラムを作ってください。ただし、上の画像に書いてあるすべての命令( 移動させる 6種類、向きを変える 2種類)を必ず使ったプログラムにしてください。

[エージェントを○○に(1)ブロック移動させる」(1)1 以外の数値でもかまいません。

//イメージマップ(クリッカブルマップ)用コード